29年度会長

平成29年度 各務原YEGスローガン

THE POWER OF KAKAMIGAHARA
~ 意志(こころざし)を集い、悲願成就へ ~

第27代会長  田中 暢之

会長150×150

各務原商工会議所青年部は29年の歴史を持ち、県内はもとより、日本商工会議所青年部においても、その中核を担ってきた歴史があり、その精神は全国大会を開催する平成29年度においても受け継がれ、集大成となるべき年度となる。
全国的な人口減少が益々進み、企業の在り方、生活習慣に至るまでの変化を求められる時代へと突入した今、我々青年経済人が、果たすべき役割を熟考して断行しなければ、次世代へ何かを繋ぐということが困難と考える。
商工会議所青年部は地域のリーダー(先導者)としての役割を求められており、部員は今こそ研鑽を積み、実践し、自企業の発展、地域経済の活性化に大きな貢献をし、行政や他機関・他団体と協力して市内外へと発信し、影響力を強めていく必要がある。
平成29年度は全国大会を岐阜県で各務原が主軸となって執り行われる。研鑽の場、実践の場、発信の場、全てにおいてこれ以上の機会は存在しない。だからこそ、困難を極めることは容易に想像がつくが、それをピンチと捉えずチャンスと考え、共闘していく。
個の『意思』では実現が困難なことも、『意志』(こころざし)は必ず人の心を動かし、『同志』が集い、不可能を可能に変える『力』となる。YEGの力は伊達じゃない。今こそ力を結集し、困難を乗り越え、次世代へと繋ぐ意志を共有できればと考える。
事 業 方 針
全国大会を開催する年度の事業方針となるので、基本的には例年の事業を大幅に削減予定。各委員会は、全国大会の実行委員会と連動するような仕組みとする。予算についても大会キャラバン等を考慮した内訳とする。又、青年経済人の集まりである以上、その力を企業や地域へ傾けることは責務であると考え、新たに政策提言委員会を創設する。